Heyakode BLOG

Interior and Coordination Media

ネイビーインテリアを作るときの家具・小物の選び方

Posted at : 2019.03.19

これまでネイビーインテリアをご紹介してきましたが、実際にお部屋をネイビーで揃えようとする時に「家具をどう選んでいいか分からない」という方は多いと思います。

せっかくネイビーインテリアの魅力を知っていただいたので、ぜひ家具の選び方も知っておきましょう!

ネイビーインテリアの魅力を紹介した記事はこちら
ネイビー色の特徴と心理効果を賃貸インテリアに活用してみよう!
賃貸OK!ネイビーインテリアの実例と部屋の作り方

ネイビー家具の選び方(リビング編)

まずは家のメインとなるリビングルームをネイビーインテリアにする時の家具の選び方や注意点についてご紹介していきます。

ソファの選び方

ソファは家具の中でもトップクラスに大型になるものです。ソファひとつで部屋の印象はガラッと変わるので失敗できない家具の代表ですね。

 

ソファの選び方

主役のソファをネイビーで揃えると部屋全体のコンセプトが明確になるので、他の家具が揃えやすくなります。

 

革(レザー)よりも布製のソファを選ぶとネイビーの柔らかい印象を出すことができます

 

ただ、ソファは面積が大きいのでネイビー色を使うと圧迫感も少し出ます。その際は、ラグマットやクッションを明るめのグレー系にすると圧迫感を消しつつ、ネイビーの良さを引き立たせることができますよ。

圧迫感が出るのを防ぎたいのであれば、グレーのソファ

圧迫感が出るのを防ぎたいのであれば、グレーのソファを選びましょう。「ネイビーじゃないの?」という声も聞こえてきそうですが大丈夫です。

 

ネイビーは明るめの無彩色(ホワイトやグレー)と相性が非常に良いです。ソファに置くクッションにネイビーを使うことで印象もグッと上がります。

 

ネイビーとホワイトのボーダー色クッションで季節感を出しても素敵ですね。

 

ソファは頻繁に買い替えることができる家具ではないので、ネイビー色のソファにするよりもグレー系の他の色とも合わせやすい色のソファを選ぶと無難です。

テーブルなど木製家具の選び方

テーブルなど木製家具の選び方

テーブルやテレビ台など木製中心となる家具はネイビーに揃える必要はありません。というか、ネイビーで揃えるのは非常に困難です。

 

木製の家具はナチュラルな明るい色、またはダークブラウン色のどちらかで販売されていることがほとんどです。

 

ネイビーはナチュラル系、ダーク系ともに相性の良い色ですので心配する必要はありませんよ。

 

ネイビーとは関係ないですが、部屋全体の木製家具の色を合わせることで統一感を出すことができます。例えば、ソファ前のリビングテーブルをナチュラル色にするならテレビ台もナチュラル色で揃えましょう。

 

部屋全体の木製家具の色を合わせることで統一感を出す

木製家具の色がチグハグだとお部屋がごちゃごちゃに見えてしまいます。(木製など)素材が同じ家具は同系の色で揃えるのがインテリアをオシャレに見せるコツです。

 

ネイビーは北欧風の家具と非常に相性が良いので、木製家具の色で悩んでいるならナチュラル系の色で揃えることをオススメします。

 

お部屋全体が明るい印象になり、広く見えるので我が家もナチュラルで揃えています笑

 

ネイビーと相性の良い色については「賃貸OK!ネイビーインテリアの実例と部屋の作り方」でも詳しくご紹介しています。

ネイビー家具の選び方(寝室編)

次は寝室(ベッドまわり)に関するネイビー家具の選び方についてご紹介します。家具というよりも寝具・ファブリックの選び方になりますね。

ベッドフレームの選び方

ベッドフレームは先述の「リビングの木製家具の選び方」と同様にネイビーで選ぶよりも部屋全体の統一感が出るように、他の木製家具と色を合わせて選びましょう。

 

ネイビー色のベッドフレームを探すことは非常に困難です。そこにこだわるよりもシーツや布団カバーなど寝具でネイビーの良さを演出する方が時短にもなりますし、その後のアレンジも簡単です。

 

ベッドフレームの選び方

一人暮らしのワンルームなど「寝室とリビングが同じ空間」という場合には、テーブルやテレビ台など他の家具と色を合わせて購入するようにしましょう。

寝具の選び方

寝具の選び方

オススメは「ホワイト×ネイビー」。

白と紺は相性が良く、ネイビーの濃さをホワイトの明るさで中和する組み合わせです。

 

ベースとなるマットレスカバーをホワイトで揃えて、かけ布団カバーをネイビーで合わせてみましょう。すると、清潔感もありながら大人っぽい雰囲気を演出することができます。

ホワイトが明るすぎる場合は、ベージュやオフホワイトなどクリーム系の色合いで揃えると柔らかい印象になります。

 

ホワイトに近いほど冷たい印象、ベージュに近いほど暖かい印象を作ることができます。

あなたが作りたい寝室のイメージに合わせて白さを調節

あなたが作りたい寝室のイメージに合わせて白さを調節しましょう。

ネイビー家具の選び方(番外編)

家具はすでに揃っていて買い替えることができないけど「ネイビーインテリアを実現したい!」というのであれば、壁紙を張り替えることも選択肢に入れてみましょう。

 

クロス業者さんにお願いして張り替えるのも手段の一つですが、賃貸物件だとそうは行かないですよね。

 

しかしDIYが流行している現在では、今のクロスの上から貼ることができて、しかも剥がすことができる壁紙も市販されています。

 

ネイビー家具の選び方(番外編)

この方法なら、賃貸物件でも手軽にネイビーインテリアを実現することができますし、わざわざ家具を買い替える必要がありません。

 

インテリア雑誌などを読んでいてもオシャレなインテリア部屋の壁紙は白ではないことがほとんどです。対して、日本の住宅は壁紙が白のことが多い。

壁紙を変えるだけでもお部屋のインテリア性は格段に上がります。DIYが得意な方はぜひお試しください。

まとめ

ネイビーインテリアを作る際の家具の選び方についてご紹介してきました。大まかにまとめると以下のようになります。

 

・ソファはグレー系にして、クッションでネイビーを置いた方が圧迫感がない

・木製家具はネイビーを選ばなくていい、というか選べない

・木製家具同士の色合いを揃えよう

・ホワイト系のファブリック(寝具類)はネイビーと相性が良い

・壁紙をネイビーに替えると抜群にオシャレ

 

全てを実現することが難しければ、まずはクッションを変えてみることから始めましょう。

「自分で揃えるのは難しい」

「センスに自信がない」

「家具を選ぶのがめんどくさい」

と思うのであればインテリアの専門家に任せてみることを検討しましょう。

 

間違った家具の選び方をして後悔するのではなく、インテリアのプロの視点でコーディネートすれば、あなたの理想のインテリアを叶えることができます。(家具選びで失敗して散財するよりも、結果的に節約になります。)

 

「ヘヤコデ」では家具のコーディネートや購入・発送も全てネット上で済ませることができます。

 

お部屋に合わせて様々なプランを用意してありますので、まずはお気軽にご相談してくださいね。

 

著者:まいにちインテリア編集長 くまちよ

トップへ戻る